ブログをこっそり更新するの巻(笑)

 長く止めていたブログ発信を再開しよう♪と思い立った。
あまりにも長く書いていないので、こっそり更新しよう(笑)

今朝は、お風呂に入って、歌うことから始めた。
大好きな歌、沢知恵さんの「ありのままの私を愛して」

心がやわらかく、まぁるくなる感じの歌。

どんな人と相対しても、「ありのままのあなた」を愛せたらいいな…と思ってる。
これを、自分の中に響かせるために、今歌ってるんだな…と。

うふふ。
自分の心に響いて、涙が出るくらい歌ってみたいと思う。
これを自分のルーチンにしよう。

先日、久しぶりのくろちゃんの来訪。
体調崩してたくろちゃんの復活。
完全復活を信じながらも、私の中では、ちょっとばかり不安を持ってたみたい(笑)

でも、やっぱり、くろちゃんはくろちゃんだった。

マイナスに見えるようなことも、きっと次に起こる素晴らしい出来事への布石でしかないんじゃないかと思っている自分がいて、
人生を一緒に歩いている人たちがいて、
お互いに響きあって、助け合って、色んなことが起こる。

では、自分をどれだけ響かせるのか、どれだけ助けられるのか、そこを感じていきたい。


早起きは三文の徳

昨日、まちづくり講演会に行って、いいお話を聞いたので、口角を上げてニコニコラン♬

1.5kmほど走ったところで、側溝に花火のゴミがスーパーバックに入って置いてあって、めっちゃ気になる。
帰りにあったら、持って帰ろう♬と思い、走り進める。

前に走ってた時に、よく会っていたおじちゃんに声をかけられ、「5年前によぉ会よったろ?」

5年前じゃったんかな?

「わし、脳梗塞やらなんやら3つほど病気をして寝込んどってな、ようやく歩けるまでに回復したんじゃ」

「あ、そうなんですか?そんな風に全然見えないくらい、お元気そうで、回復せられて、本当に良かったです!」

そうなんよな。毎日会う人に会えないと、元気にされているのかどうかと気になる。

5年ぶりだったのは全然気付かなかったけど、お元気になられた喜びの声を聞けて、幸せだと思った。

その後、花火のゴミを拾って帰っていたところ、毎日和気駅の周りのゴミ拾いをしてくださっているおじさんに会った。

花火のゴミを拾って、スーパーバックにいっぱいになったから、帰りに持って帰ろうと思って、そこに置いといたんじゃ。あなたは走ってるから私が持って帰るわ…って声をかけてくださった。

そうなんよ、なんかね、おかしいと思ってた。
花火のゴミを道端に捨てる人が、スーパーバックに入れておいとくかしら?と思ったのよ。

私が拾う前に、この方が、拾い集めてくださってたんだ!

「すぐそこにうちのお店があるんで、捨てさせて下さい。本当にいつもありがとうございます。」

なんかね、本当にこみ上げるものがあった。
こうやって、毎日毎日、人が捨てたものを持ち帰って処分してくださってる方がある。
自分のゴミみたいに当たり前に持って帰って下さる。

この出会いにありがとう…と思った。

そして、もう1kmくらいのところを走ってると、近所の方が歩いていらっしゃった。
おはようございます!と声をかけるだけで、満面の笑み。
笑顔ってやっぱり素敵だ!!

もう少しで着くよ…って頃に、脇道から出てきた小学生の自転車の通行を邪魔した?

あ、ごめんね。って声をかけると、「あ、いいえ」って気持ちよく返してくれた。

もしかして、ラジオ体操? そうです^^ いってらっしゃい!!

朝、たったの6km。
そこで起きる人とのふれあい。

これ、口角を上げた効果??

なんかいいことだらけで、興奮した。 :mrgreen:

さて、今日も幸せな日を過ごすぞ!!

いい声で、いい表情で、いい態度で、いい言葉で…今日も過ごしましょう♪


旧和気郡88か所巡り 第76番札所~第82番札所

 昨日は定休日だったので、またまた夫と旧和気郡88ヶ所巡りにでかけました。
2010年の12月から始めた旧和気郡88ヶ所巡りですが、札所を走って繋ぐ…という試みは、ようやく終盤を迎えています。

今回は備前市八木山から出発して、蕃山、麻宇那、友延、井田、日生…と回り、出発点の八木山に帰るというコースです。

第76番札所 備前市蕃山 正楽寺 本尊は十一面観自在菩薩

正楽寺は真言宗高野山派で山号は日光山、創立は奈良時代の天平勝宝年間(749~756)、備前四十八ヶ寺のひとつと伝えられる古刹。


お寺に入るときに目につく山門↑↑
棟札によれば、播州赤穂坂越之庄木村津村の棟梁、野村長右衛門信慶によって文化十四年(1817)に建てられたものだそうだ。

寺伝では、鎌倉時代の正安六年(1304)に、信賢上人が現在地に寺院を建立し、勝楽寺とよばれていたとなっている。
現在の本堂は、鬼瓦銘によると、正徳元年(1711)の建築と考えられる。
古く、立派なお寺…という印象。

そして、十一面観自在菩薩は平安中期の恵心僧都の作ということで、33年に一度、開扉されるらしい。


また、鐘楼も立派で、お散歩されていたご近所の方が、「珍しいから中見せてもらったらいいよ。」と声をかけてくださる。

客殿、玄関も立派。

ご住職に、次の札所を聞きに、お邪魔したけれど、「お手入れが大変」とのこと。
さすがに、これだけ歴史のあるお寺さんを守っていくのは、大変だろう。

山門も、本堂も、鐘楼も、客殿も 備前市指定文化財に指定されている。

77番札所へ行く途中の桜。

すぐそばで梅の手入れをされていたおじさんと雑談。
この日の中で一番咲いていた桜かな?まだちょっと早い感じです。

そして第77番札所 備前市麻宇那家中 地蔵堂

正楽寺のご住職に地図で教えてもらったので楽勝
本通りからは一本入ったところなので、聞いてなかったらわからなかっただろう(笑)

きれいにお祀りされていた。

第78番札所 備前市徳当 大師堂


新幹線の北側の通路を奥に行ったところ。
道案内もないのでわかりにくい

鍵がかかっていたので、外側からお参り。

第79番札所 備前市友延上 大師堂

扉を開けさせてもらったら、戦争で亡くなった方の遺影が祀られていた。
こんな若い方が、戦争に行って亡くなったのだな…と思ったら、なんとも言えない気がした。

第80番札所 備前市友延 薬師堂

ここのお薬師様もずいぶん古そうだ。
鍵がかかっていたため、中は見ることができなかったが、看板があって、丁寧に説明されていた。

ご近所の方だろうか、お散歩方々、お参りに来られていた。

第81番札所 備前市穂浪井田 地蔵堂

用水路沿いを歩いていると小さな看板がある。

あちこち見ていたら、見落としそうな看板。

こんなところ上がって行っていいの?
と思ったら、すぐ上にありました。

画像なし(;^ω^)

第82番札所は、私の生まれ故郷の日生にあります。
私が中学生時代、毎日通った中学校までの通学路沿いにあります。
でも、全然知らなかったなぁ…。

第82番札所 日生町日生 観音堂

ここも鍵がかかっていたので、外からお参りしました。

すぐそばに小さな祠。薬師堂とかいてあったかな?

今回はこれで終了です。

今回の出発点となった八木山まで帰るのに、日生から蕃山へ向かう「アホ道」を通って帰りました。
昔、保育園のころ、遠足で通ったことがあります。
なんでアホ道って言うんだろう?

全長25kmの旅でした。
同行二人。

たぶん、私たち夫婦にはお大師さんの他、祖父母も一緒に同行してたと思います。

同行五人(笑)

次は83番札所から。。

さてさていつになるでしょう??


より大きな地図で 旧和気郡88ヶ所札所 を表示


旧和気郡88ヶ所巡り 第72番~第75番札所

 久しぶりに行ってきました!旧和気郡88ヶ所巡りパート??(笑)
前回行ったのがいつだったか忘れるほど、行ってない。
おまけに教科書を置き忘れて、もう一度コピーさせてもらったくらい。。(^_^;)

前回、お邪魔してお茶をいただいた備前市三石の光明寺さんに無理言って車を置かせていただいて出発!

第71番札所 光明寺さん

・・・と思ったら、なんと、教科書を忘れてきてました(笑)
あらかじめ予習はしてくるものの、なんとアバウトな二人。。
光明寺さんで、地図をコピーしてくださったので、それを頼りに…。

本当にうちの夫婦はいつも珍道中です。

第72番札所は備前市守石の地蔵堂。
教科書には三石支所前、守石公民館横とある。
すぐわかるだろうとたかをくくっていたが、道路側に面したところに見当たらず、近くの理容所で道を尋ねる。

髪を切ってもらってる途中のお客さんが丁寧に教えてくださった。
ありがたいことです。
第72番札所 守石地蔵堂。

次に、第73番札所の備前市福石に向けて出発!
三石というのは、お地蔵さんの旗が立っているところが多いんですね。
いつも車の中から気になっていましたが、車道から見えるところだけでなく、お地蔵様がお祭りされている場所が何か所かありました。

 

福石の真ん中あたりで、ご婦人に会ったので、「お大師堂ないですか?」と聞くと、カーブの辺りにお寺があるよ!と教えてくださる。

言われた通りに行ってみたら、お大師堂でした。

第73番札所の備前市福石

お大師堂の少し赤穂寄りに、お宮さんがあったので、そこまで足を延ばしてみました。
田舎なんですけどね、ここ、いつもきれいにされてる。。荒神社だそうです。

そこから少し後帰りして、次は五石のお大師堂です。

途中、綺麗な梅に出会いました。

季節を感じられるのも走っていればこそ。

五石も、道端に立っていらっしゃったご婦人に場所を尋ねました。
やっぱり丁寧に教えてくださいました。

第74番札所 五石大師堂

今回は全然悩むことなく進めます。

光明寺さんの前を通って、次は第75番札所 八木山薬師堂。

 
 

これはなぜか夫が場所を知っていて?難なく到着できました。

他に予定があるため、この日は光明寺さんまで帰って終了です。

次は蕃山へ。。

さてさて、いつ終了するでしょうか?


より大きな地図で 旧和気郡88ヶ所札所 を表示


和文字焼の薪組みに行ってきた♪

今朝は6時半集合で、和文字焼の薪組みに行ってきた!
和気に21年住んでいて、なんと薪組み初めて(^_^;)
ま、今までは介護やら子供の世話やら・・・と色々あったから、なかなか旦那と同じような行動はとれなかったわけで、ま、そういうことができる年になった・・・と言うことにしておこう。。

 まず、和気小学校に車を止めて、観音山登り口に行く。
ここで、チェックがある。一応、誰が登って、誰が下りてきたかをチェックするポイントだ。

で、ここから、何かを持って上がる。

私は、和気消防団が、お祭りの当日使う「ホース」を背負い籠に入れてもらい、杭を打つハンマーを肩に頂上へ向かった。
 

頂上では、もう商工会青年部の方が動かれている。

私たちも、足場の整備をしに一足先に動く。

最近はひどい雨が降るから、土砂も流れやすい。
階段が土砂に埋もれていく。
階段だけじゃなく、人が歩く山道も歩きにくくなっているので、つるはしで土を掘って、道を平坦にしていく。
薪組みに参加してくださる皆さんが観音山頂上に登ってこられて一息ついてから
薪組みの説明。

そして、この後、みんなで数珠つなぎになって、薪運び :mrgreen:

みんなでバケツリレーならぬ薪リレー♪


大人も子供も頑張る!


中学生も頑張る!


足場が悪くても頑張る!


ハイテンションで頑張る!

みんなのおかげで、どんどん薪組みができてきます!!

たくさんの方が協力してくださったおかげで、無事薪組みが終了いたしました 🙂

下山した後は、和気商工会の女性部さんが、早朝から集まって作って下さったオードブルをいただきました♪

見えないところに、たくさんの方のご協力があるんですね~!!

山に上がって下さった方が約80名。そして、商工会女性部の有志の方が約20名。

今日は、合計100人くらいの方がこのお祭りの用意に来てくださったことになりますね。

ありがとうございます。
たくさんの方がかかわってくださってようやっとできる和文字焼祭り♪

毎年、8月16日に行われます。
17時~プレステージがあり、18時頃からうちわ抽選会や開会式が始まり、20時に和文字点火です!!

ぜひ、皆様お越しくださいm(__)m


上山棚田団の野焼きに行ってきた(^^)v

 今日は上山棚田の野焼きに参加させてもらった。
どうも上山棚田大学の一環らしいんだけど、申し訳ないことに、どういう組織で動いているのか、私はさっぱりわからない。
ただ、耕作放棄地の棚田が、よみがえったらどんなに素敵だろう!!という気持ちだけで、とりあえずお知り合いになったカッチさんと美々さんを頼りに行ってきた。

 

 昨日、多少雪が散らついてたから、雪が降って凍っていないか、ちょっと心配していた。
山の木々は白くなっていて、寒々しい感じがしたのだけど、おかげで道路は雪もなく凍ってもいなかった。

 私の運転でも安心だ(^^)v

いちょう庵に着いて、カッチさんにあいさつ。。
その瞬間、目の前に、那岐山の綺麗な雪景色が見えた。

挨拶もそこそこに『きれい~~~~~~~!!』と思わずため息が出る。

そして、野焼きに参加♪


旧和気郡88ケ所巡り 第69番札所石山大師堂♪

 さて、68番札所を後にし、株式会社大平さんの事務所の方に戻り、さぁ、次の札所は・・・と、事務所の辺にいた人に聞いてみた。

2号線に上る道の右側・・・とめっちゃわかりやすく教えてもらった。

平山鉱山の事務所内横・・・と教科書には載っていたので、
それらしき鉱山の事務所を見てみるけれど、どうも潰れた?
廃墟となった鉱山事務所があって、そのあたりをウロウロしてみるけど、よくわからない。。

で、ちょっと高いところに登ったら、お堂らしき建物の屋根が見えたので、行ってみる♪

教えられた通りに右向いて歩いてりゃわかりました 😕

お堂が綺麗になって建てかえられてました。
で、よくみりゃ、google mapにものっとるんじゃが~~~!!!

何を必死こいて探してたのか?(笑)

ま、到達できました。
ありがとうございます♪


より大きな地図で 旧和気郡88ヶ所札所 を表示


旧和気郡88ケ所巡り 第68番札所

 旧和気郡88ケ所巡り 第68番札所。
こちらも行けるかなぁ?と心配していた場所。
岡崎商店さん前 山陽線を渡って 岩穴内 ・・・だそうで。

とりあえず岡崎商店さんを訪ねてみる。

ここのご主人が、とっても優しい方で、丁寧に教えてくださる。

袖すり合うも他生の縁
  ちょっとしたかかわり合いも、生まれる前からのめぐり合わせによるものだということ

 なんだかねぇ、初めて会った方には思えません。。

写真のちょうど真ん中あたり、山の中腹に穴があるのがわかるかなぁ?
そこに札所があるそうです :mrgreen:

もち、行く!!

昔は、この岡崎商店さんの前の線路を横切って通っていたそうですが、
霧の深い時に列車事故で亡くなった方があったそうで、今は回り道をしてください・・・ってことでした。

岡崎商店さんから東の方向に進んだところ、山の方に上がる分かれ道があります。

ここを上がると、大平さんって会社があって、ここを突っ切って歩いて行くと

 

ところどころに参拝路の立札がありました 💡

そして、山に登れないお年寄りのために?

岩穴の真下あたりになるんでしょうか?
68番札所をお祀りされてました。

でも、ここでやめないのが、私たち夫婦 :mrgreen:

せっかく岡崎さんに教えていただいたのだから、岩穴に行かないと 💡

岩穴へ向かう石段があるって教えていただいたので、石段を探すと、祠のすぐ横から登れる道の上の方に石段が見えました(^^)v

な~んだ 💡 石段、ちゃんとあるじゃん ❗

足元に気をつけながら、上に進む。
でもねぇ・・・葉っぱがいっぱいあって、危ないんだなぁ…。
こりゃ、足腰鍛えてる人でないと危なくて登れないわ 🙁

おそるおそる登ってたら岩穴が見えました 💡

ちゃんと守って下さってる方があるんだなぁ・・・とちょっと感動しちゃいました♪

振り返ってみると、野谷の町が見渡せます。

岡崎さん、ありがとうございました♪
おかげで、68番札所にも来れました。


第67番札所 金谷寺 ~正光院~ 

次の札所はこの辺かなぁ?

ウロウロしてたら、自動車が・・・。
中から出てきた人に「お寺はどこですか?」と聞くと、

それはうちじゃ!!と・・・。

道を教えてもらい、お寺へ・・・。

奥まった場所にありましたが、なんとなく『凛』とした場所でした。

本堂へは入ってないのですが、お寺の前にあったお地蔵さんに目が止まりました。
なんだか左側のお地蔵さん、味のあるお顔してませんか?

一目惚れです 😳

そして、このお地蔵さんの後ろの山が、手入れされていて、見事でした♪
最近は、荒れた山しか見ないので、手入れされた山を見て感動 ❗

次の札所は岩穴内の観音様です♪


より大きな地図で 旧和気郡88ヶ所札所 を表示


旧和気郡88カ所巡り 第66番札所 田倉観音堂 寄り道に牛神様

 田倉牛神社50m手前の踏切を北に…と言う言葉を読み落として(笑)
牛神社に向かう。

実は牛神様には行ったことがない。
こんなに近くて、なぜ、行ったことがないか?

それは、牛神様の時には、駐車場が大変なことになっているからだ!
運転の下手な私が、ここにしか止まれない・・・っちゅうのは、一番困る。

なので、先に牛神様にお参りをする♪

昔は、牛って大切だったんだよなぁ・・・。

昔の生活をここでも思う。。

農耕には欠かせない存在だったんだろうと思う。

そして、ちょっと後戻りして、田倉観音堂へ・・・。

近くにいた方に、道を尋ねたら、気持ちよく観音堂まで案内してくださった。
教科書通りに行ったら、すぐわかったはずなのに・・・。

それでも、こういう人との関わり合いが、最近癖になってる。

ありがたいです。本当に・・・。

 

堂内での寝泊まりはお断りします・・・って寝た人いたんかなぁ ?と話しながら、次の札所へと足を進めました。