旧和気郡八十八ヶ所」カテゴリーアーカイブ

旧和気郡88か所巡り 第76番札所~第82番札所

 昨日は定休日だったので、またまた夫と旧和気郡88ヶ所巡りにでかけました。
2010年の12月から始めた旧和気郡88ヶ所巡りですが、札所を走って繋ぐ…という試みは、ようやく終盤を迎えています。

今回は備前市八木山から出発して、蕃山、麻宇那、友延、井田、日生…と回り、出発点の八木山に帰るというコースです。

第76番札所 備前市蕃山 正楽寺 本尊は十一面観自在菩薩

正楽寺は真言宗高野山派で山号は日光山、創立は奈良時代の天平勝宝年間(749~756)、備前四十八ヶ寺のひとつと伝えられる古刹。


お寺に入るときに目につく山門↑↑
棟札によれば、播州赤穂坂越之庄木村津村の棟梁、野村長右衛門信慶によって文化十四年(1817)に建てられたものだそうだ。

寺伝では、鎌倉時代の正安六年(1304)に、信賢上人が現在地に寺院を建立し、勝楽寺とよばれていたとなっている。
現在の本堂は、鬼瓦銘によると、正徳元年(1711)の建築と考えられる。
古く、立派なお寺…という印象。

そして、十一面観自在菩薩は平安中期の恵心僧都の作ということで、33年に一度、開扉されるらしい。


また、鐘楼も立派で、お散歩されていたご近所の方が、「珍しいから中見せてもらったらいいよ。」と声をかけてくださる。

客殿、玄関も立派。

ご住職に、次の札所を聞きに、お邪魔したけれど、「お手入れが大変」とのこと。
さすがに、これだけ歴史のあるお寺さんを守っていくのは、大変だろう。

山門も、本堂も、鐘楼も、客殿も 備前市指定文化財に指定されている。

77番札所へ行く途中の桜。

すぐそばで梅の手入れをされていたおじさんと雑談。
この日の中で一番咲いていた桜かな?まだちょっと早い感じです。

そして第77番札所 備前市麻宇那家中 地蔵堂

正楽寺のご住職に地図で教えてもらったので楽勝
本通りからは一本入ったところなので、聞いてなかったらわからなかっただろう(笑)

きれいにお祀りされていた。

第78番札所 備前市徳当 大師堂


新幹線の北側の通路を奥に行ったところ。
道案内もないのでわかりにくい

鍵がかかっていたので、外側からお参り。

第79番札所 備前市友延上 大師堂

扉を開けさせてもらったら、戦争で亡くなった方の遺影が祀られていた。
こんな若い方が、戦争に行って亡くなったのだな…と思ったら、なんとも言えない気がした。

第80番札所 備前市友延 薬師堂

ここのお薬師様もずいぶん古そうだ。
鍵がかかっていたため、中は見ることができなかったが、看板があって、丁寧に説明されていた。

ご近所の方だろうか、お散歩方々、お参りに来られていた。

第81番札所 備前市穂浪井田 地蔵堂

用水路沿いを歩いていると小さな看板がある。

あちこち見ていたら、見落としそうな看板。

こんなところ上がって行っていいの?
と思ったら、すぐ上にありました。

画像なし(;^ω^)

第82番札所は、私の生まれ故郷の日生にあります。
私が中学生時代、毎日通った中学校までの通学路沿いにあります。
でも、全然知らなかったなぁ…。

第82番札所 日生町日生 観音堂

ここも鍵がかかっていたので、外からお参りしました。

すぐそばに小さな祠。薬師堂とかいてあったかな?

今回はこれで終了です。

今回の出発点となった八木山まで帰るのに、日生から蕃山へ向かう「アホ道」を通って帰りました。
昔、保育園のころ、遠足で通ったことがあります。
なんでアホ道って言うんだろう?

全長25kmの旅でした。
同行二人。

たぶん、私たち夫婦にはお大師さんの他、祖父母も一緒に同行してたと思います。

同行五人(笑)

次は83番札所から。。

さてさていつになるでしょう??


より大きな地図で 旧和気郡88ヶ所札所 を表示


旧和気郡88ヶ所巡り 第72番~第75番札所

 久しぶりに行ってきました!旧和気郡88ヶ所巡りパート??(笑)
前回行ったのがいつだったか忘れるほど、行ってない。
おまけに教科書を置き忘れて、もう一度コピーさせてもらったくらい。。(^_^;)

前回、お邪魔してお茶をいただいた備前市三石の光明寺さんに無理言って車を置かせていただいて出発!

第71番札所 光明寺さん

・・・と思ったら、なんと、教科書を忘れてきてました(笑)
あらかじめ予習はしてくるものの、なんとアバウトな二人。。
光明寺さんで、地図をコピーしてくださったので、それを頼りに…。

本当にうちの夫婦はいつも珍道中です。

第72番札所は備前市守石の地蔵堂。
教科書には三石支所前、守石公民館横とある。
すぐわかるだろうとたかをくくっていたが、道路側に面したところに見当たらず、近くの理容所で道を尋ねる。

髪を切ってもらってる途中のお客さんが丁寧に教えてくださった。
ありがたいことです。
第72番札所 守石地蔵堂。

次に、第73番札所の備前市福石に向けて出発!
三石というのは、お地蔵さんの旗が立っているところが多いんですね。
いつも車の中から気になっていましたが、車道から見えるところだけでなく、お地蔵様がお祭りされている場所が何か所かありました。

 

福石の真ん中あたりで、ご婦人に会ったので、「お大師堂ないですか?」と聞くと、カーブの辺りにお寺があるよ!と教えてくださる。

言われた通りに行ってみたら、お大師堂でした。

第73番札所の備前市福石

お大師堂の少し赤穂寄りに、お宮さんがあったので、そこまで足を延ばしてみました。
田舎なんですけどね、ここ、いつもきれいにされてる。。荒神社だそうです。

そこから少し後帰りして、次は五石のお大師堂です。

途中、綺麗な梅に出会いました。

季節を感じられるのも走っていればこそ。

五石も、道端に立っていらっしゃったご婦人に場所を尋ねました。
やっぱり丁寧に教えてくださいました。

第74番札所 五石大師堂

今回は全然悩むことなく進めます。

光明寺さんの前を通って、次は第75番札所 八木山薬師堂。

 
 

これはなぜか夫が場所を知っていて?難なく到着できました。

他に予定があるため、この日は光明寺さんまで帰って終了です。

次は蕃山へ。。

さてさて、いつ終了するでしょうか?


より大きな地図で 旧和気郡88ヶ所札所 を表示


旧和気郡88ケ所巡り 第69番札所石山大師堂♪

 さて、68番札所を後にし、株式会社大平さんの事務所の方に戻り、さぁ、次の札所は・・・と、事務所の辺にいた人に聞いてみた。

2号線に上る道の右側・・・とめっちゃわかりやすく教えてもらった。

平山鉱山の事務所内横・・・と教科書には載っていたので、
それらしき鉱山の事務所を見てみるけれど、どうも潰れた?
廃墟となった鉱山事務所があって、そのあたりをウロウロしてみるけど、よくわからない。。

で、ちょっと高いところに登ったら、お堂らしき建物の屋根が見えたので、行ってみる♪

教えられた通りに右向いて歩いてりゃわかりました 😕

お堂が綺麗になって建てかえられてました。
で、よくみりゃ、google mapにものっとるんじゃが~~~!!!

何を必死こいて探してたのか?(笑)

ま、到達できました。
ありがとうございます♪


より大きな地図で 旧和気郡88ヶ所札所 を表示


旧和気郡88ケ所巡り 第68番札所

 旧和気郡88ケ所巡り 第68番札所。
こちらも行けるかなぁ?と心配していた場所。
岡崎商店さん前 山陽線を渡って 岩穴内 ・・・だそうで。

とりあえず岡崎商店さんを訪ねてみる。

ここのご主人が、とっても優しい方で、丁寧に教えてくださる。

袖すり合うも他生の縁
  ちょっとしたかかわり合いも、生まれる前からのめぐり合わせによるものだということ

 なんだかねぇ、初めて会った方には思えません。。

写真のちょうど真ん中あたり、山の中腹に穴があるのがわかるかなぁ?
そこに札所があるそうです :mrgreen:

もち、行く!!

昔は、この岡崎商店さんの前の線路を横切って通っていたそうですが、
霧の深い時に列車事故で亡くなった方があったそうで、今は回り道をしてください・・・ってことでした。

岡崎商店さんから東の方向に進んだところ、山の方に上がる分かれ道があります。

ここを上がると、大平さんって会社があって、ここを突っ切って歩いて行くと

 

ところどころに参拝路の立札がありました 💡

そして、山に登れないお年寄りのために?

岩穴の真下あたりになるんでしょうか?
68番札所をお祀りされてました。

でも、ここでやめないのが、私たち夫婦 :mrgreen:

せっかく岡崎さんに教えていただいたのだから、岩穴に行かないと 💡

岩穴へ向かう石段があるって教えていただいたので、石段を探すと、祠のすぐ横から登れる道の上の方に石段が見えました(^^)v

な~んだ 💡 石段、ちゃんとあるじゃん ❗

足元に気をつけながら、上に進む。
でもねぇ・・・葉っぱがいっぱいあって、危ないんだなぁ…。
こりゃ、足腰鍛えてる人でないと危なくて登れないわ 🙁

おそるおそる登ってたら岩穴が見えました 💡

ちゃんと守って下さってる方があるんだなぁ・・・とちょっと感動しちゃいました♪

振り返ってみると、野谷の町が見渡せます。

岡崎さん、ありがとうございました♪
おかげで、68番札所にも来れました。


第67番札所 金谷寺 ~正光院~ 

次の札所はこの辺かなぁ?

ウロウロしてたら、自動車が・・・。
中から出てきた人に「お寺はどこですか?」と聞くと、

それはうちじゃ!!と・・・。

道を教えてもらい、お寺へ・・・。

奥まった場所にありましたが、なんとなく『凛』とした場所でした。

本堂へは入ってないのですが、お寺の前にあったお地蔵さんに目が止まりました。
なんだか左側のお地蔵さん、味のあるお顔してませんか?

一目惚れです 😳

そして、このお地蔵さんの後ろの山が、手入れされていて、見事でした♪
最近は、荒れた山しか見ないので、手入れされた山を見て感動 ❗

次の札所は岩穴内の観音様です♪


より大きな地図で 旧和気郡88ヶ所札所 を表示


旧和気郡88カ所巡り 第66番札所 田倉観音堂 寄り道に牛神様

 田倉牛神社50m手前の踏切を北に…と言う言葉を読み落として(笑)
牛神社に向かう。

実は牛神様には行ったことがない。
こんなに近くて、なぜ、行ったことがないか?

それは、牛神様の時には、駐車場が大変なことになっているからだ!
運転の下手な私が、ここにしか止まれない・・・っちゅうのは、一番困る。

なので、先に牛神様にお参りをする♪

昔は、牛って大切だったんだよなぁ・・・。

昔の生活をここでも思う。。

農耕には欠かせない存在だったんだろうと思う。

そして、ちょっと後戻りして、田倉観音堂へ・・・。

近くにいた方に、道を尋ねたら、気持ちよく観音堂まで案内してくださった。
教科書通りに行ったら、すぐわかったはずなのに・・・。

それでも、こういう人との関わり合いが、最近癖になってる。

ありがたいです。本当に・・・。

 

堂内での寝泊まりはお断りします・・・って寝た人いたんかなぁ ?と話しながら、次の札所へと足を進めました。


旧和気郡88ケ所巡り 第65番札所

 またまた行ってきました!旧和気郡88ケ所巡り♪
今回は時間短縮のため、吉永まで自転車♪
吉永のB&Gに自転車を置かせていただいて、出発!!

 まずは第65番札所 松尾山松本寺理性院 薬師如来

夫の同級生のおうちで、私の中学校時代お世話になった先生のご実家。
でも、初めてお邪魔しました。

本堂の近くに 祠があり、気になって、夫の同級生に聞いてみました。

荒神様 淡島様 …あとなんだっけ?
適当に聞いてるから、忘れてしまったけど 🙁
また今度聞いてきます(笑)

荒神様…と言うのは、三宝荒神の略で仏(仏様:悟りを開き衆生を教え導く者)・法(法=教え:仏の説いた真理)・僧(お釈迦様の教えを守る人達)の三宝を守るという神だそうだ。
土地をしっかりと守っていて、人間の心が荒んでくると、地震や津波などの災害が起こるのだとか。

後ろの穴?みたいなところは、イボが治る水が出てる場所だそうで、イボのところに毎日その水を塗ってたら、1週間ほどでぽろっと取れるそう。弁天様も淡島様も神様だよな・・・。この辺ややこしいけど、日本人の宗教観を物語ってる感じがする。
真言宗と神様は密接に結びついてるんだ・・・と思う。


より大きな地図で 旧和気郡88ヶ所札所 を表示


旧和気郡88ヶ所巡り~63番札所、64番札所編~

久しぶりに行ってきました。旧和気郡88ヶ所巡り!
年末忙しくて、行けなかったので、ようやく88ケ所巡りを再開♪
今回は、教科書に「絶対に一人では参詣しないように」と書かれてあった龍泉山を目指す。

 事前に登山口を聞いておこうと、地元の人に聞いてもらったんだけど
「山道を整備してないし、地元の人でも頂上まで行ける人は数人しかいない」
…と聞いて、ちょっぴり怖気づく(笑)

夫、「なんか燃える!!」

(;´∀`)

ま、止めても行くでしょうね。。

なら、迷子にならずに、行きましょう♪

山道がないことを前提に、鎌とマイのこぎりと塩おにぎり、飲み物、迷わないための目印用テープを持って家を出発!!

吉永町倉吉の警鐘台の東入る??屋根倉庫裏 ?????

なんじゃそりゃ?

警鐘台のある東側をぐるぐるしたけど、さっぱり分からず…
民家のチャイムを押して、聞いてしまいました(;・∀・)

親切に教えてくださってありがとう♪

・・・なのにわかんなかったんです(笑)

もう一度、近くの方をつかまえて、教えてもらいました(´・ω・`)

63番札所 倉吉観音堂 

次は64番札所 龍泉山 お大師堂♪

龍泉山 と書いて、りょうぜんさん と読むらしい。。
たぶん、登山道に向かうだろうなぁと思われる道を進み、やっぱり近くの住人の方に聞いてみる。

「やめとかれ」と言われるのを覚悟したけれど、とっても優しい方で、
「子供のころはよく山に登って遊んだもんじゃ・・・」と丁寧に登山道を教えてくださった。

ちゃっかり記念撮影♪

おじさんと別れて、登山道を登って行く・・・と言っても、本当に人が通らないみたいで、まっすぐ通れる道はない(笑)

ここからが持ってきた鎌とノコギリと目印用テープの出番!

目印用テープは道に迷った時用に何メートルか置きにつけて行ったけど、これ、降りるときにすごく安心だった!

おじさんに、途中、お地蔵さんがある・・・と聞いていたけれど、ちゃんとあった。

あれ?飴が置いてある!
誰かお供えしたな~・・・。
たぶん、事前に調べたときに、三股方面から上がる山道もあると書いてあったので、そっちから来た人かな?

そこから龍泉山に向かう山道には、誰かがつけたらしい目印のテープがところどころにあった。
枝をかき分け、倒木をまたいで、山頂へ進む。

なかなか普段通れない道で、夫は完全に子供に戻ってました。

そして山頂へ・・・。

あったはずの祠が無残にも崩れてました。 😥

周辺をぐるりとまわって、なんだかかまどのようなところを見つけ↓↓、なんだろうなぁ?と話しながら下山♪

道を教えてくださったおじさんのところに、下山の報告に行くと・・・。
近所の方も心配してくださってたらしく、「早かったなぁ・・・」と顔を見に来て下さった。

龍泉山は上り2時間、下り50分でした♪

教科書には山上へ1時間と書いてあったぞ~!!

おじちゃんたちは、その昔、その大師堂に仙人みたいなおじいさんがいらっしゃったこと、かまどのようなのはお風呂だったこと、そのお風呂の窯を下から背負って上がった元気な人がいらっしゃったこと・・・など、貴重な話をしてくださった♪
田舎は人が優しい!!ありがと~~!!

なんだか今日は達成感たっぷり♪

5時間ちょっとの行程♪ しっかり楽しんできました~!!

しかし・・・やっぱりどこの山に行っても荒れてますな。。
すごい倒木の数で・・・。これ、昔はお風呂だ、炊事だ・・・に使ってたんだろうな。

いや~、これ、資源化できんかな?


旧和気郡88ケ所巡り 吉永9月29日編

 旧和気郡88ケ所巡り 吉永9月29日編です(笑)
1か月以上経ってからの更新です :mrgreen:
なかなか心の余裕がないので、ブログ更新もままならず。。

忘れた頃に、頭の体操をしながら、ブログ更新となります。

この日の1カ所目は、前回、三国小学校から吉永に抜ける途中に立ち寄ろうね 😉 と夫と約束していたのに、夫にぶっちぎられて立ち寄れなかった南谷の札所です。

この日も、時間を有効に使うために、吉永の町中まで自転車で来て、そこから走っていきました。
なんとなくお天気が気になります。 🙁  家を出る時はお天気だったのに、だんだん雲が厚くなっていきます。

ゆっくり走りながら、いつものごとく、夫婦漫才 :mrgreen: しながら走っていたら、前からすずめ蜂 ❗ ❗

うわっ ❗ 😯

一瞬、引いた私を全然感知せず、夫の真正面にすずめ蜂がぶつかりました ❗ 😯 😯 😯

もしかして、この人見えてないん ❓

すずめ蜂は攻撃してくるかと思ったけど、ぶつかった勢いなのかどうなのか、あっという間に見えなくなりました。

あれ ❓

走って逃げると危ないと聞いていたので、とりあえず歩いてやりすごし、すずめ蜂が襲って来ないのを確認して、また走り出しました。

私が想像していた南谷の札所♪

ところが、教科書には、南谷コミュニティのそば・・・とある。

おかしい、コミュニティは、道路のすぐそば 💡 ↓↓

あれ ❓ 😯  どっちがどうなん ❓

でも、明らかに、新しく建てられた祠には 88ケ所の看板がありました。

第55番札所南谷大師堂。

しかし、教科書には第55番・・・。 🙄

ま、どっちも行ったしOKでしょう :mrgreen:

吉永方面に下って、次は第56番札所 門出大師堂 です。

門出橋を渡って…って、門出橋ってどこだ ❓

なんとかそれらしき橋を渡って、近くのお年寄りに聞いたら、すごく丁寧にお話してくださいました。

門出は小さな集落で、ほんの数軒で、ここのお大師堂を守って下さっているようです。

その次は第57番札所 神根観音堂♪
神根の町中に入ったら、すぐわかるだろう…と思ったら、めっちゃきれいなお堂ができてました。

そして、次は第58番札所 山津田観音堂

ここもコミュニティのすぐそばだったので、すぐわかりました :mrgreen:

この辺まで帰ると、久しぶりのランで、二人ともかなりバテバテでした(笑)

そして、次は第59番札所 板屋観音堂。
コミュニティで集まっている女性の方たちに道を聞いたら、『タンス屋さんじゃないの?』と聞かれ…。
ありがたいなぁ…と話しました。

教えてもらった道を行くと、お堂発見!

次は第60番札所 岩崎大師堂。

この岩崎大師堂の見当がまったくつきませんでした。。 🙁
この頃には、夫がバテバテで歩きも多くなり、私はスキップでルンルンランラン♪
場所がわかんないので、お客さんのおうちのピンポンを鳴らして、道を教えてもらいました。。

ところが、それでもわからず 😎

今度は、農作業をしていた方に道を聞いて…

あれ ❓

それでもわからず…。

近くにいたおばちゃまに、もう一度聞いて、ようやく到達 ❗

ここはかなりウロウロしました。

そして、第61番札所 三股観音堂♪
ここは、なんとなくこの辺だろうなぁ…と思っていた場所からそう遠くない場所にありました。

すぐそばに、自転車を置いているので、これで終わり?と思ってたら、もう1カ所行こう!と言う夫の提案。

かなりボロボロになっているようなのに、大丈夫 ❓ :mrgreen:

これもすぐ近くそうだったので、とりあえず、走って探す。(^^)v

ありました 💡

これで、とりあえず本日のノルマ終了♪

自転車を迎えに、元吉永町役場まで。

久しぶりに距離を走ったので、お疲れモードですが、達成感はありました :mrgreen:


旧和気郡88ケ所巡り 第50番札所~第52番札所 9月1日

 旧和気郡88ヵ所巡りを再開しました。
途中の記事はまだアップできてないのですが、忘れてしまいそうなので、先に最近の記事をアップします(笑)
ごめんなさいm(__)m

 前回、八塔寺辺りで終わってしまったので、八塔寺の続きから始めようと、今回は自転車で三国小学校まで行き、そこから札所を3番回ってきました。

ここには、昔、娘がお世話になった小学校の教頭”キャサリン”先生が校長先生になっておられます。
先生にあって、あいさつして、邪魔にならないところに自転車を置かせてもらって、そこから札所めぐりをしようなぁ・・・と話してました。
三国小学校では、先生方が小雨の降る中、清掃作業をされていました。

ここで、先生を激励して ❓ 自転車を置かせてもらい、大体の道順を教えてもらって出発しました。

ず~っとさかのぼって、そろそろこのあたりかなぁ?と思える場所で、立派な石垣のある建物を見つけました。

夫曰く、どこかの会社の研修施設だったような・・・。

気になって写真を撮り、少し進むと、分かれ道がありました。

左に行くと、さきほどの石垣のある建物のほうに行けそうです。
で、よくよく見ると、滝谷 地蔵尊 ・・・らしき文字が見えます。

石垣の建物の方に向かって進むと、石垣のすぐ下に地蔵堂がありました。

第50番札所 加賀美滝谷地蔵堂
 

~滝谷手書き地蔵尊縁起~
 この地に祭祀の手書地蔵尊の開元の程は詳かではございませんが、寛永17年(西暦1640年)この地在住の孫兵衛氏が独力で再建され、信仰厚ければ知恵の発達、習字の上達に無限の霊験あり、と手洗に記されてあります。ついで元禄17年(西暦1704年)当地区内空に祭祀されておりました知恵地蔵尊も修復されました。その後当地区内在住の三村久吾およびその実弟の当時戸長竹内大八郎両氏の発議により、地蔵尊講中に計り、明治18年(西暦1885年)この地に堂宇の建立、四至の石垣、塀門など悉皆築造し、手書地蔵尊と知恵地蔵尊を合祀し、滝谷手書地蔵尊と尊称、崇敬するに至りました。その後幾星霜を閲し、その堂宇が老朽荒廃の極に達しましたので当奉賛会が発起、尽力により大改修致し、昭和57年2月24日落慶を見るに至りました。滝谷手書地蔵尊の御慈悲・御霊験・御加護は洵に顕著なるものがありますので、帰依崇拝する者の所謂メッカともいえましょう。

  宝暦10年7月24日 詠人知らず

    書き習え 望みのかなふ 伝えこそ

     心の空に ありあけの月

               合掌

       昭和57年2月24日

 長い歴史があるんですねぇ。。今は会社の研修施設ですが、この手書地蔵尊と縁のある建物だったようです。やっぱり導かれてますねぇ :mrgreen:

 お堂の中にはお供え物や記帳のノートがあり、たくさんの方がお参りされているのだな。。とびっくりしました。だって、誰も知らないような田舎のお堂ですよ。。どこで調べてこられたのでしょうか?

 次は51番札所です。
たぶん、想像するに、滝谷神社方面だろうなぁ・・・と、適当に向かいました。 :mrgreen:

すごい杜でしたが、かなり荒れてました。
虫食いで倒れた木がたくさんあって、この木は燃料になるな・・・とか勝手に思ってましたが、この倒れた木は誰が管理するのでしょうか?原発を動かすより、こういう身近にある資源の使い方を考える時期が来ているのではないか?と夫と話してました。

そこを通り抜けると、家が数軒見えてきます。
どうやら、ここが次の札所近辺のようです。

第51番札所 多麻東畑大師堂

倉庫みたいですが、ここは教科書通りだったので、すぐわかりました。

次が第52番札所ですが、途中から雨が降ってきました。
台風の影響だなぁ。

50番札所に行く途中にこの52番札所は確認済みだったので、雨もなんのその(笑)

第52番札所


 
ここで少し雨宿り・・・と思ってましたが、だんだん雨足がひどくなるので、携帯電話をナイロン袋に収納して走り、三国小学校までたどり着きました。

ここで、キャサリン先生にお礼を言って、帰ろうとしたら、お茶を入れてくださいました。
ありがたいですね。人の縁って。

家に帰る途中、寄り道をして帰りましたが、それは次の記事で :mrgreen:

とりあえず、自転車33km ラン10kmの珍道中でした♪


より大きな地図で 旧和気郡88ヶ所札所 を表示