電気を考える

 昨日は七夕で、キャンドルナイトの夜でした。

昨日は定休日だったので、いつもより早めに食事の準備をして、
とっとと食事を済ませ、のんびりとキャンドルナイトを楽しむつもりでしたが・・・。

こんな日に限って・・・。

子供も、夫も いな~~~い!!

おじいちゃんと二人きりの夜でした

お父さん、二人だけど、ご飯食べよう ;-)

おぉ、二人か。さびしいなぁ :sad:

二人でさびしく食事をし、二人でぼんやりTVを見ました。

キャンドルナイトの時間が迫ってきて、あせるけれど、おじいちゃんがリビングにいる間は消灯できないので、おじいちゃんが自分の部屋に行くのを待って、いよいよキャンドルナイトのスタートです

昔の人は、こんな風に夜を過ごしたのかなぁ。。

このキャンドルでアロマオイルをいれたお風呂に入りました。

うっとり :mrgreen:

電気のことをもう少し考えてみたくなりました。

送電線の自由化の署名は、昨日、てんつくマン&姫井由美子さんたちが、経済産業大臣政務官の中山義活さんに渡してきて下さいました。

その様子は てんつくマンのブログ  をご覧下さい。

まだまだ目標には届いていないので、続けて署名活動を続ける予定です。

そろそろ、送電線分離の話が公に論じられるようになってきたみたいですね。。
原発を止めたいと言えば、「電気がなくなったら困る」と反論されますが、電気がなくならないようにするには、どうしたらいいでしょう :?:

ちゃんと論じて行きたいですね。


Filed under: てんつくマン,エコ — takechan 2:36 PM  Comments (0)

送電線を国有化しよう!

「JAPANESE DREAM!送電線の国有化を願う1000万人の短冊署名!」

 が始まりました♪「送電線の国有化」って意味わかります?

私は、まったく頭の中が :?: :?: :?: でした。
そう言えば、ちょっと前にTVで「送電分離」って言ってたような…。 :???:

色んなものが民営化になる中、なんで国有化なの :?:
みたいな、思いもあって、調べてみました。

わかりやすかったのは こちら

要は電力の自由化をやるためなんですね。。
とにかく原発は一刻も早く止めたい私は、

「JAPANESE DREAM!送電線の国有化を願う1000万人の短冊署名!」

に賛同しようと思います。

今日から署名集め始めました :mrgreen:

 こちらのページをご覧ください。。

電子署名もできます!! こちらから

 てんつくマンさんのメルマガからも引用しときますね ↓↓

今の日本の電気の流れはこんな感じなんや。

1、原発や火力や水力で電力会社が電気をつくる。

2、その電気を送電線で各地にある超高圧変電所に送られる、そこからいろんな変電所に送られる。

4、家庭に電気がつく。ありがとう。

って感じな。

詳しくは下記のホームページを見てな。

http://www.fepc.or.jp/learn/souden/keiro/index.html

これが今の流れやねんけど日本の電気代は世界に比べてめちゃくちゃ高い。

それは、なんでか?

原発をやってるからなんよ。

原発を辞めたら電気代は安くなる。

詳しくはめっちゃ分かりやすくラジオでしゃべってる小出先生のを聞いて。

絶対にこれはお薦め。

これを聞いたら多くの人の原発の洗脳が溶けるわ。

原発はなくていいことに気付けるよ。

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/05/26/terumi-may26/

なんで電気代が高いか!

それは、その発電した電気を家庭に運ぶ送電線を電力会社が独占してるからやねん。

だから、例えばトヨタがめっちゃ電気を作ってもそれは自分たちで使うしかないねん。

電気を大量に作れても売ったらあかんねん。

さらに、北海道なんかどれだけ風力でエネルギーを作っても、これ以上は買いませんっていうルールがあるねんで。

自由化してないから電気代が高い。

だって、殿様商売出来るもんね。

だから、こんなことが起こる。

とあるこてこての大阪の大企業の社長と工場長の会話

工場長「社長、電気代が高くて会社がもちまへんわ。工場を電気代が安い海外に移したらあきませんか?」

社長「アホかい、そんなことをしたら日本の失業率が増えるやないか!電気代が高いんやったら節電せんかい!」

工場長「分かりました。節電を呼びかけますわ、節電してどれだけ電気代が安くなったらまた来月報告しますわ」

数ヶ月後•••

工場長「社長、大変ですわ!節電したら電気代がたこ~なりましてん!」

社長「どういうこっちゃ?」

工場長「日本では家庭の電気代は使えば使えば使うほど高くなりまんのに、企業や事業者に対しては電気を使えば使うほど安くなるんですわ」

社長「ほんまかいな」

工場「そやから、先月からうちが節電をしたら逆に電気代がたこ~なってしまいましてん」

社長「なんじゃそれは?」

工場長「結局、どっちにしろ、うちは節電しても普通に使っても電気代は高いっちゅう話ですわ。やっぱり海外に工場をつくるしかないですわ」

社長「アホ、答えも道も一つとちゃうぞ、そしたら、電気を会社で作るっちゃうのはどうや?」

この後はまた今度。

昨日、もしも、送電線が国有化になってみんなが自由に使えるようになったら、どれだけ素晴らしい世界になるかを書き始めたら手が止まらんようになってん。

あんな、送電線が国有化になったら、めっちゃ日本は変わるで。

子供に、少しでもいい環境を残しましょう。
日本が変わることで世界が変わっていくかもしれない。。

自然いっぱいの日本を、未来に残しましょう♪

あ、これ調べてる時に、こんなのも発見しました。
6.11 脱原発100万人アクション


Filed under: てんつくマン,雑記 — takechan 6:14 PM  Comments (0)

てんつくマンメルマガ面白いよ!

↓↓ メルマガから転載です。↓↓


みんなに情報を教えてあげて

2011年6月4日(土)

拡散希望!

沢山の人に教えてあげてな。

明日のイベントの為に愛媛に向かう飛行機の中からワンダフルイブニング!

昨日、郡山の幼稚園や小学校に行った時にな、グランドや駐車場に放射線がいっぱいの土が山盛りになってブルーシートとかで覆われてたんや。

「これってどうするんですか?」

って聞くと

「まだ政府から連絡がないのでどこにも持って行くことは出来ない」

って言うんやわ。

そしてその副園長先生がこう言うてはってん。

「窓をあまり開けてはいけないので、全教室に扇風機と空気洗浄機を買ったんです」

「おいくらぐらいかかったんですか?」

と聞くと

「全部で100万円ぐらいです」って。

その時にふと思ってん。

これは、損害賠償をしてもらった方がいいんじゃないかなって。

これは幼稚園や学校が自分たちで払うっていうのはおかしいと思ってん。

今度、うちも募集を開始した岩手、宮城、福島の方、洞爺湖に一ヶ月来ませんか?というツアーの交通費もひょっとして東電さんが出してくれへんかな~って思って東電さんのホームページを開いてん。

Click!

そしたら、

<原子力損害の補償全般に関するご相談の専用窓口について>

平成23年4月28日より、原子力損害の補償全般に関するご相談の専用窓口を開設いたしました。

■福島原子力補償相談室(コールセンター)■
 電話番号  0120-926-404

 受付   9:00~21:00

・被害概況のお申し出について (補償金お受け取りまでの流れ(標準例) /被害概況申出書(法人用・個人用))・仮払補償金のお支払いについて

っていうのがあったから電話してみてん。

そしたらすんごい対応が良かってん。

幼稚園のことや交通費の事情を説明して

「これを東電さんが持ってくれるという可能性はないですか?」

と聞くと、

「今、政府が原子力損害賠償紛争審査会というのを立ち上げ、有識者達がなにを保証するべきかを検討頂いているのです」

って。

「ということは、出るか出ないかはその有識者達にかかってるということですか?」

「はい、私どもが勝手にこれは払う払えないと決めるのではなく、その会が決定します」

「ということは、領収書をとっといた方がいいと言う事ですか?」

「はい、お支払い出来るかどうかは今はお伝えすることは出来ないのですが、わたしどもにご連絡を頂くと、被害概況申出書というものをお送りしますのでそちらに明記下さって返信下さい。原子力損害賠償紛争審査会の情報が届きましたらご連絡させていただくこととなっています」

めっちゃ大変な作業やな~って思ったわ。

そして、

「学校の運動場で削った放射線の強い土を東電さんが責任を持って処理してくれたり、東電さんの敷地内に持っていけば処理してくれるなど予定はありますか?」

と聞くと

「今、政府がそれを検討されていて、私どもは政府からの指示を待っています」

「なるほど、ということは今回、ひまわりなどを植えて放射線を吸い取った場合、その放射線を吸い取ったひまわりを東電さんが処理することも現在では出来ないということですね?」

「現状はそうです」

「全部、政府任せになるんでしょうか?」

「例えば放射線の多い土やひまわりを私どもの敷地内に持ち運ぼうとしても、近隣の住民の方に了承を得ないと勝手に持ち運べないのです」

「そういうことか、分かりました、ご丁寧にありがとうございます、大変やと思うけど、頑張って下さいね」

と伝えると、

まさか苦情を言うと思ってる人に応援されたことによって、担当者の人は言葉を詰まらせてはったわ。

東電の上層部が決めたことをこうやって下の人が頭を下げ苦情に答えてはるんやな~って思った。

みんな怒りのエネルギーで言ってくるからほんまに大変やと思う。

というわkで簡単にまとめるとこういうこと。

今回、放射能の危険を感じて避難の為に移動した交通費や引っ越ししたり、空気清浄機を買ったりなどなど、お金を使った人や、放射能の影響で売り上げが落ちた会社やお店は東電に連絡して被害概況申出書を提出すれば、お金が戻ってくる可能性があるということ。

なので、まずは連絡してみて被害概況申出書を取り寄せること。

後、例えばひまわりや炭など物質的なもので放射線を吸収しても、それを処理する場所がまだ決まってないので動かすことは出来ない。

それをどこに持って行くかは政府が決める。

ただ、政府はそれを決めるにあたってそれを処理する近隣の人と話をしないといけないと移動出来ないということ。

でもな、これは福島原発の敷地内に持って行くしかないと思うねん。

おそらく原発の中を処理するのにセメントをいっぱい使うんやから、そのセメントの中に土やひまわりを混ぜるしかないんじゃないかな?

幼稚園や小学校の運動場に置いておくより、東電の敷地内の作業が邪魔にならないところにまずは置く。

それがいいと思うねんけどな。

この住民と東電との交渉を代わりにさせてもらえないかな?

政府や東電の人間がやるより、客観的な立場の人が交渉する方が話がまとまると思うんやけど。

誰かこの担当の政府の人、知らんかな?

もし、知っていたら連絡下さい。

tentsukumansan@gmail.com

その大役させていただけるのであれば、町長や市長と話をさせていただきます。

とにかく一日でも早くあの放射線の強い土を子ども達の敷地内から取り除きたい。

だから、政府関係の人、連絡を下さい。

てんつくマンこと軌保博光

○●○●○●○●○
宮城・福島・岩手のみなさんへ
夏休みのあいだ・洞爺湖で過ごしませんか?
洞爺湖バケーション・先行予約開始!
○●○●○●○●○

め組JAPANでは、夏休みの期間中
北海道・洞爺湖で150名様を受け入れさせていただきます。

放射線を被ばくをしても癌になる人、ならない人がいます。

影響を受けやすい人は、妊婦さんや、赤ちゃん
子ども達など免疫が低い人です。

放射線を浴び続けると、免疫が落ちてしまいますが
少し離れて放射線の低い所に移ると免疫が上がります。

いろんな理由があって、すぐに引っ越し出来ない方もいらっしゃると思いますが
夏休みのあいだ・洞爺湖で過ごしませんか?

今回、洞爺観光ホテルさんが、夏休み期間中 7/18~8/25のあいだ
150名様まで受け入れて下さることが決まりました!

期間中、ご飯が二食ついてなんと無料♥

本当にありがたい話です。

参加希望人数を把握するため、先行予約を受け付けさせていただきます。

下記内容をご覧いただき、6/6までに申込み下さい!
ちびっ子を中心とした参加を待ってます!

★宿泊地:洞爺観光ホテル
Click!
※7/22 洞爺湖ピクニックツアーで泊まるホテルと同じです。

★今回の対象とさせていただく方
・宮城、福島、岩手の3県に住民票がある方か、罹災証明をお持ちの方
・高校生までのお子さんがいらっしゃる方
・仙台港まで来ていただける方、もしくはご自身で洞爺湖まで移動可能な方
・7/18~8/25の期間中、全ての日程を参加できる方
・期間中の集団生活に協力いただける方

※お願い
なるべくたくさんのお子様を受け入れたいと考えています。
保護者の参加は最低限の人数でお願いします。

親御さんが同行できない場合、おばあちゃんや
友達のお母さんなど、親御さんと連絡取れる方と一緒の参加もOKです。

お子様のみで参加されたい場合は、ご相談下さい。

★交通費について
仙台港までの交通費、北海道までのフェリー代は、なるべく負担をお願いします。
交通費の負担が厳しい場合、め組Japanの支援金から
一部補填させていただく事も可能ですので、ご相談下さい。

●往復のフェリー代金
・大人:14000円
・中学生:12600円
・小学生:6200円
・幼稚園以下:無料(保護者付き)

太平洋フェリー(仙台港~苫小牧)
Click!

※ご注意
今回の申込みは、おおまかな人数を把握するための先行予約申込みです。

申し込まれた方全員が参加できるか、現時点では約束出来ません。
詳しい内容については、あらためて連絡させていただきます

★お申込みはこちら
Click!
※6/6(月)までにお申込み下さい。

★お問い合わせ
info@maketheheaven.com
件名に「洞爺湖バケーション係」と記入下さい。
記入いただけない場合、返事が遅くなる可能性があります。

この機会にみんなでいっぱい話し合ってこれからの対策を考えましょう。

免疫をあげる食事講座などもやろうね。

自分の命は自分で守る!

子どもの命は親が守ろう。

子どもさんがいなくても病気がちな人もご連絡下さい。

○●○●○●○●○
6/5(日) 愛媛県
てんつくマン・東日本大震災チャリティー講演会
○●○●○●○●○

今回のテーマは3つです!

「震災地での救援活動報告」
「中長期的に私達にできる支援」
「私たちが準備しておくこと」

現地で必要なもの、四国の自分達に出来ること、
これから日本人みんなで考えていくべきことを語ります。

是非、お友達や家族と一緒にご参加下さい。

★日時
6/5(日)
13:45 開場
14:30 てんつくマン講演開始
16:30 終了予定

★場所
愛媛県視聴覚福祉センター 多目的ホール
松山市本町6丁目11番5
Click!

★参加費:無料
※募金のご協力をお願いいたします。
 今回集まった募金は本イベントにかかる経費を除き、
 すべて日本復興チーム め組JAPANに寄付させていただきます。

★申込締切:6月3日(金) ←必ず守ってね♪

★申込方法:メールでお名前をご連絡ください
(約200名の会場で人数把握のため、事前に申込みください)
(代表者以下何名という形でもOK)

★申込先
ichisaku.212.@ezweb.ne.jp
(@を小文字に変換してください)
篠原一作 090-5277-1836

★交通/最寄駅
JR松山駅から
伊予鉄市内電車(環状線)で8分(本町6丁目停留所下車)、徒歩2分
伊予鉄松山駅から
伊予鉄市内電車(環状線)で15分(本町6丁目停留所下車)、徒歩2分

※車でお越しの方は駐車場がほとんどない会場となってます
お近くの有料駐車場等をご利用ください

※お問い合わせいただければお近くの駐車場等ご案内いたします

◯●◯●◯●◯●
「てんつくラブレター」メルマガの登録、解除はこちら。
Click!

◯●◯●◯●◯●
てんつくマンツイッターはこちら
Click!
「tentsukuman」でつぶやいてまっせー。

MAKE THE HEAVENめ組ジャパンのツイッターはこちら!
「megumi_japan」

◯●◯●◯●◯●
写真がついてくるてんつくアメブロはこちら
Click!

◯●◯●◯●◯●
FACE BO0Kは本名じゃないとアカウントが消される情報が入ったので
「のりやすひろみつ」に登録を変えました。
ファンページはこちら
Click!

いやぁ、子供たちの健康は守らないと・・・。


Filed under: てんつくマン — takechan 9:43 AM  Comments (0)
  • 名言集



    presented by 地球の名言
  • Twitter

  • 楽天