旧和気郡88ヶ所巡り~63番札所、64番札所編~

久しぶりに行ってきました。旧和気郡88ヶ所巡り!
年末忙しくて、行けなかったので、ようやく88ケ所巡りを再開♪
今回は、教科書に「絶対に一人では参詣しないように」と書かれてあった龍泉山を目指す。

 事前に登山口を聞いておこうと、地元の人に聞いてもらったんだけど
「山道を整備してないし、地元の人でも頂上まで行ける人は数人しかいない」
…と聞いて、ちょっぴり怖気づく(笑)

夫、「なんか燃える!!」

(;´∀`)

ま、止めても行くでしょうね。。

なら、迷子にならずに、行きましょう♪

山道がないことを前提に、鎌とマイのこぎりと塩おにぎり、飲み物、迷わないための目印用テープを持って家を出発!!

吉永町倉吉の警鐘台の東入る??屋根倉庫裏 ?????

なんじゃそりゃ?

警鐘台のある東側をぐるぐるしたけど、さっぱり分からず…
民家のチャイムを押して、聞いてしまいました(;・∀・)

親切に教えてくださってありがとう♪

・・・なのにわかんなかったんです(笑)

もう一度、近くの方をつかまえて、教えてもらいました(´・ω・`)

63番札所 倉吉観音堂 

次は64番札所 龍泉山 お大師堂♪

龍泉山 と書いて、りょうぜんさん と読むらしい。。
たぶん、登山道に向かうだろうなぁと思われる道を進み、やっぱり近くの住人の方に聞いてみる。

「やめとかれ」と言われるのを覚悟したけれど、とっても優しい方で、
「子供のころはよく山に登って遊んだもんじゃ・・・」と丁寧に登山道を教えてくださった。

ちゃっかり記念撮影♪

おじさんと別れて、登山道を登って行く・・・と言っても、本当に人が通らないみたいで、まっすぐ通れる道はない(笑)

ここからが持ってきた鎌とノコギリと目印用テープの出番!

目印用テープは道に迷った時用に何メートルか置きにつけて行ったけど、これ、降りるときにすごく安心だった!

おじさんに、途中、お地蔵さんがある・・・と聞いていたけれど、ちゃんとあった。

あれ?飴が置いてある!
誰かお供えしたな~・・・。
たぶん、事前に調べたときに、三股方面から上がる山道もあると書いてあったので、そっちから来た人かな?

そこから龍泉山に向かう山道には、誰かがつけたらしい目印のテープがところどころにあった。
枝をかき分け、倒木をまたいで、山頂へ進む。

なかなか普段通れない道で、夫は完全に子供に戻ってました。

そして山頂へ・・・。

あったはずの祠が無残にも崩れてました。 😥

周辺をぐるりとまわって、なんだかかまどのようなところを見つけ↓↓、なんだろうなぁ?と話しながら下山♪

道を教えてくださったおじさんのところに、下山の報告に行くと・・・。
近所の方も心配してくださってたらしく、「早かったなぁ・・・」と顔を見に来て下さった。

龍泉山は上り2時間、下り50分でした♪

教科書には山上へ1時間と書いてあったぞ~!!

おじちゃんたちは、その昔、その大師堂に仙人みたいなおじいさんがいらっしゃったこと、かまどのようなのはお風呂だったこと、そのお風呂の窯を下から背負って上がった元気な人がいらっしゃったこと・・・など、貴重な話をしてくださった♪
田舎は人が優しい!!ありがと~~!!

なんだか今日は達成感たっぷり♪

5時間ちょっとの行程♪ しっかり楽しんできました~!!

しかし・・・やっぱりどこの山に行っても荒れてますな。。
すごい倒木の数で・・・。これ、昔はお風呂だ、炊事だ・・・に使ってたんだろうな。

いや~、これ、資源化できんかな?


旧和気郡88ヶ所巡り~63番札所、64番札所編~」への3件のフィードバック

  1. 三村宗彦

    倉吉地区地区長をしています。吉永町山野を歩く会で
    竜泉に登り、地区のため池清掃で何回も上りました。
    旧登山口は私の子供時代とは荒れてしまっているので、ため池清掃時に登る登山道を推奨します。もう少し、登れば、八大竜王を祭る祠があります。吉永町防災無線のアンテナ基地もあります。八大竜王の東に岩場があり、遠く小豆島、瀬戸内海が見えます。子供の時はそこで弁当をよく食べました。地区長として、63番、64番札所を残していくためにはどうしたらいいか悩んでいます。63番観音堂は8月7日が線香立ての祭礼で、最寄りの土日に倉吉地区夏祭を開催し、線香立て、盆踊りを開催しています。

  2. takechan 投稿作成者

    区長さんのお仕事お疲れ様です。

    助言も聞かず無謀にも行ってしまいました(汗)…が、道がないとお聞きしていたおかげで、それなりの装備をして、行って来れました。

    88ケ所ですが、63番と64番札所を一緒にお祀りされてはいかがでしょうか?三国の方にも一緒にお祀りされている場所がありましたが、これは時の流れで仕方のないことだと思います。

    龍泉山は昔は遠足に登る山だったと吉永の方にお聞きしました。個人的には、この山登りが88カ所の中でも一番楽しかったです。この88カ所巡りに出会わなければ、決して登ることのなかった山だと思います。

    私も子供のころ、山で遊んだことをよく思い出します。今の子供たちにそういう経験がないことが、なんだか残念ですね。
    里山を手入れして、昔のような自然と人間が調和した生活ができるとどんなに素敵だろう?と思ってしまう今日この頃です。

    次回龍泉山に登るときは、もう少しゆっくり散策してみたいと思います。コメントありがとうございました。

  3. 三村宗彦

    倉吉は戸数62で、約150名が住んでいます。私も合祀して、公会堂の敷地にと考えています。八大竜王、山の神は合祀できませんから、別に立てなければと思います。そのためには、費用の捻出に悩んでいます。これから、少子高齢化がどんどん進むと過疎化も
    重なり、保存していくのが大変です。昔、この地区には万願寺があり、大字で吉永中、三股、岩崎と倉吉で万願寺村と言っていましたが、池田の殿様の寺社削減計画で廃寺となり、当時の坊さんは、春日神社の神主となっています。倉吉は歴史が豊富な地区ですよ。少しでも、歴史遺産を守りたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。